今月のお知らせ

【 近隣での工事について 】

●当院建物と小道を挟んだ場所で、解体と新築マンション建設工事が始まっています。
 来年の夏まで続く予定で、その間は隣のコインパーキングに満車が続く可能性が十分考えられます。
 また、路上駐車は今まで以上に難しくなります。
 大変申し訳ありませんが、お車以外のご来院をおすすめいたします。
 なお、セブンイレブンへの駐車は決して行わないようにお願いいたします。

【 スタッフ減少のお知らせ 】

●当院で最も長く働いている看護師が産休のため、10月より来年春まで産休になります。
いろいろな面で技術の高いスタッフだったので、しばらくの間は待ち時間が増えてしまったり、爪切りなども受けられないこともあるかもしれません。
また、人数の必要な検査などは、場合によってはお預かりさせていただいて診療が終わってから行ったり、別の日に検査予約をしていただいて実施させていただくこともあるかもしれません。
なるべく診療には支障が出ないやり方を第一に考えます。
よろしくお願いいたします。

【 暑い時期のご来院について 】


外気温が暑いとペットさんたちも高温にさらされます。

特に「短頭種や肥満しているワンちゃん」「キャリーケースに入れてお越しのペットさんたち」が熱中症に陥りやすくなります。

「熱くてつらそう」と判断された場合は、遠慮なく受付にお申し付け下さい。
冷房の効いた入院室に待ち時間のあいだお預かりします。
(飼い主様から離れると興奮してしまうワンちゃんは預からないほうが良いケースもあります)

また、キャリーケースに乗せる冷却材をお貸ししますので、お申し付け下さい。(数に限りがあります)
キャリーケースを膝に乗せてお待ちいただくと、ケースの中が非常に熱くなりますのでご注意く下さい。
(キャリーケースごとお預かりできます)

【 当院の新型コロナウイルス対策に関するお願い 】

●都内の感染者が高止まりしているので、引き続き密集しないようにご配慮をお願いします。

待合室では「ペット1頭に付き飼い主様お一人で」お待ち下さい。

 待合室は7脚のイスしか設置できません。
 イスの間隔を1メートル以上空けることもできません。
 日によりますが、当院での待ち時間は30~60分程度が平均的です。(診察前と後を足して)
 
 なお診察時に診察室への入室の制限はありません。
 診察の説明をお聞きになりたい方は、入れる限り診察室への入室は可能です。
 
●外にも4脚のイスを用意しておりますので、よろしければご利用ください。
 車でお待ちいただいて携帯へお呼び出しもできますので、受付でお気軽にお伝え下さい。

●今まで通りではありますが、ご来院された際の手指消毒とマスク着用を引き続きお願いいたします。
 
●「いつものお薬」に関しては、薬の処方のみをおすすめします。
 現在、大手ペット保険も「処方のみ」でも保険対象にしております。(期間は保険会社のサイトでご確認ください)

●定期的に処方をしている「お薬」「予防薬」「処方食」などは、事前にお電話をお願いします。
 お待たせしないで渡せるように、予め用意いたします。
 

【 当院の対策について 】

●診療開始前に、各スタッフの体温測定を実施しています。

●診療に携わるスタッフは、診療終了ごとに手洗いを徹底しています。

●午前と午後の診察開始前に、手で触る部分のアルコール消毒を可能な限り実施しています。
 また、診療時間外には換気を心がけています。

待合室に 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」を設置しました。
 カウンターに消毒薬も設置してありますのでご利用ください。
 来院された皆様の不安がいくらかでも緩和することを期待しています。


【 狂犬病予防注射の事務手続きについて 】

●今までと変わらず「狂犬病予防注射」を打たせていただき、お帰り時に「証明書」をお渡しいたします。

●諸般の事情により、本来役所で行っている以下の事務手続き代行が、当院ではできなくなりました。

 ●「畜犬登録」:いわゆる犬の登録で、どんなワンちゃんも一生に一回だけ国に届ける必要があります。
         「鑑札」を受け取り、ワンちゃんにつけることが法律で定められています。
 ●「狂犬病予防注射済証」:毎年一回の狂犬病予防注射を受けたということを、お住まいの自治体に届けることが義務になっています。
         届けるとその年が印字してある「済証」を受け取り、ワンちゃんにつけることが法律で定められています。

大変お手数ではありますが、葛西地域にお住まいの方は「葛西健康サポートセンター」でのお手続きをお願いしています。
(その際は、当院発行の「狂犬病予防注射証明書」とお持ちであれば役所から届いたハガキを持って行って下さい)